株式会社オレンジライフ代表取締役社長兼CEO上野山栄作のエッセー多事想論

2020/7 オレンジ通信 第133号ツバメの巣

コロナショックの渦中、輪をかけて豪雨による災害が酷いですね。災害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。地球に戒めを与えているかの様な数々な出来事に、私たち人間が行いを正す時期だと思います。一方で、アメリカやヨーロッパで大きなデモにも及ぶ不条理な行動や、アジアの大国が行う統治などを見ているとなんとワガママな動物であるのかと実感してしまい悲しくなります。本当に暗い話ばかりですので、ほのぼのとしたお話をさせて頂きます。
私の管理している田殿保育所跡の「The Living Room」は、当社のカフェ&ビアバー(ゴールデンリバー)の他、クラフトビールの醸造所(ノムクラフト)やベーカリー(グラン・アヴニール)が入店してくれています。建物の中央部分は浄教寺様への参道として通り抜けられるよう改築されています。そこに今年の春からツバメがめちゃくちゃ巣作りし、ヒナをかえしています。昔から家にツバメが巣をすると縁起が良いとされていますよね。不思議な話ですが、あの建物を管理し始めて4年経つのにツバメが集まるのは今年からなのです。
ツバメが人目につきやすい所で営巣するのは、巣や卵やヒナを守るために人間をガードマン代わりに利用しているようです。人の出入りが多い所ではスズメやカラス、ヘビ等が近づかないことから、ツバメは自らの非力をカバーしていると考えられます。また、ツバメの巣が幸運の象徴とされているのは、鬼門に巣を作らない・害虫がいなくなる・自然災害に見舞われない、等の理由があり、無病息災や子宝、商売繁盛等のご利益があると言われています。
ノムクラフトさんもグラン・アヴニールさんも、巣が出来てから調子が良さそうに見受けます。フンも落とすし商売の邪魔かとも思うのですが、大切に巣を見守ってくれています。あいにくゴールデンリバー側には巣がありません。したがって売り上げも伸びていません(汗)頑張って自力で盛り上げていくつもりです(笑)そんな意味でもビールの美味しい時期に面白い企画をし、地元の方々に楽しんでもらえればと思うのです。まだまだ密に気を遣っての上ですが、この連休には地元の仲間達とサマーナイト@The Living Roomという楽しいイベントを開催します。ぜひ、ツバメの代わりにご来店ください。
先日、ツバメの落としているフンを一気に掃除しました〜。まぁ〜あるわ、あるわ!掃除したら運(うん)の尽きか?フンにはご利益はなさそうでございます。汗だくで奮(ふん)闘いたしました(笑)