株式会社オレンジライフ代表取締役社長兼CEO上野山栄作のエッセー多事想論

2020/12 オレンジ通信 第138号新たな生活様式

思い出を振り返るときの方法として、フェイスブック(以後FB)を見返したりiPhoneの写真を見返すのが一番手っ取り早い方法です。今年も一年を振り返る意味で見てみたのですが今年はFBの投稿が極端に少ないのです。コロナで自粛中は、FBでさえ、投稿が難しかったです。別に活動が無かった訳ではありませんが「こんな時に何やってるの」と思われるかな~と考えてしまい、投稿が限られてしまいました。実際に本当に動かない年であった事も確かで、このコラムにも「これからは3日で1日を生きよう」と書いたこともありました。iPhoneの写真を見ても2年前とかと比べたら、以前はなんと忙しい日々やったかと思い出します。どっちが良いのか、さっぱりわからないですが、仕事面では、会社に向き合う年であったように思います。「ここで踏んばらなければ」と考え、もう一度社員に向き合い出来るだけ多くの社員のモチベーションを上げてもらい、葬儀が小規模化する中で、どうすれば地域の絆を守ることが出来るのか?考えた年でもありました。
でも、コロナに関係なく、我が家の生活様式を最も変えたのは息子の高校進学でした。強い高校でバスケをやりたいという希望から滋賀の高校に入学したのです。自粛期間で家を離れるのがズレたものの5月からほぼ、家には帰っていないです。姉2人も大学院・大学生とついに今年は妻と2人だけの生活が始まりました。今までお付き合いの外食も多かったのですが、それも無くなり、新婚以来の2人生活です。それを楽しむ事、妻を楽しませる事もこれからの僕の人生の課題なのでしょうね(笑)
しかし、目下の私の課題は「子離れ」です。43歳で出来た息子で、自分のコピーの様な性格の彼を溺愛しています。妻の方がその部分は割り切っているのかも知れません。息子はそんな事はお構いなしでバスケに没頭し自立しているのですが~
私の来年の課題は妻との新生活と息子のいない生活に慣れる事だと考えています。
本年も皆様、お世話になりました。来年に希望を!良いお年をお迎えください。